相談相手が居ないのは自分に自信がないせい?
相談相手が居ないのは自分に自信がないせい?

自分に自信がないなら自己啓発と相談相手を探すのが近道

対人関係が変われば仕事も変わる~自信のなさを打破する方法~

指をさす女性

このサイトでは、現状に苦しむ人達にアドバイスをしていきます。会社で同期に比べて自分だけ成長が遅い。他のみんなに比べて要領が悪い。自分だけ怒られる頻度が多い。そんな場合でも、会社を探せばいくらでも見つかります。しかし、この状況を打破するためには、自分が変わらないといけません。

「自信がない」と対人関係はうまくいかない

まず、なんで自分だけうまくいかないと思ってしまうのか知っておきましょう。この理由は人によって様々ですが、その根っこにあるのは「自分に自信がないから」ということが挙げられます。自分に自信がないと、仕事に対する成果は目に見えて違ってきます。「どうせ自分なんか」と勝手に思い込み、ふさぎ込んでしまうからです。その結果、上司や同僚との対人関係は上手くいかず、ますますふさぎ込みやすい環境になってしまうのです。

どうして自信がもてないのか

対人関係がうまくいかないのと、自分に自信がもてないのには、深い関わりがあります。ここでは、そんな関わりについて紹介していきましょう。

劣等感
仕事がうまくいかないのと対人関係が築けない悪循環は、劣等感から始まります。劣等感が強いことで、失敗を極度に恐れることになります。その結果、他人と話すのも怖くなりますし、難しい仕事にもチャレンジしなくなります。そして難しい仕事を任せられると失敗しやすくなってしまい、ますます劣等感を強めてしまうのです。
周囲の目
自分に自信がない人というのは周囲の目や言動に対して異様に怯えます。これは、昔自分のしていることをことごとく否定されてきた人に起こりがちです。また、そういった叱責を多くの人の前でされることで人の目に怯えるようになってしまいます。その結果、自信がなくなるだけではなく、他人に否定されることや周囲に見られることから怯えるようになります。
思い込み
思い込みが激しいというのも、実は劣等感の原因です。自分はいつもうまくいかない、自分はなにやってもダメだからと思い込んでしまう人は多いです。そういった人は、自分に都合の悪かった記憶しか思い出さず、辛い思い出しか覚えていない人に多いです。その結果、ますます自信がなくなり、何もやらないという悪循環が発生してしまうのです。

対人関係を円滑にする方法

上記したとおり、多くの人は今までの経験から消極的になってしまいます。逆に言えば、これからの経験でうまくいけばこれらの問題はすべて解決し、自信につながり対人関係もよくなっていきます。いきなり大成功をする必要はありませんしできません。まずは小さな成功を積み重ねていきましょう。これを繰り返せばそれが自信となり、次第に小さな成功だけではなく、大きな成功を掴もうと前向きな性格になれます。その過程で対人関係も改善することができます。

相談相手はたくさんいる!~自信を上げられる手段の紹介~

「小さな成功を続ければ自信もついてくる」と前述しましたが、そんな小さな成功もできるか不安に感じる人は多いと思われます。よって、ここではそんな小さな成功の掴み方について紹介していきましょう。

自信をもつ第一歩

笑顔の女の人

自信を持っていて、なおかつ成功している人というのは自分の事を客観視できる人です。自分の強みは実力をわかっているからこそ自分ができる限界を把握しています。そして自分の強みを武器にして挑むことができるのです。しかし、いきなり自分を客観視するのは難しいので、まずは相談相手を見つけ、客観的に見た自分を知りましょう。

相談相手を探す

「相談相手を探せといっても、自分は友達がいないから困っている」という人もいると思われます。そんな時の対処方法をここでは紹介します。

悩みを抱えているのですが、周囲に相談できる相手がいません。どうしたらいいですか?
昔は悩み相談は文通や電話が主でしたが、今やインターネットのおかげで相談しやすい環境が作られています。ネットで検索すれば自分と同じような悩みを持っている人も見つけやすいですし、ネットで知り合いを作ってチャットで相談するというのも有効です。他にも、もっと実のあるアドバイスを受けたいのであれば占い師に悩みを占ってもらったり、悩み相談を受け付けているプロのカウンセラーに相談したりできます。このように手段を選ばなければ、悩みを打ち明ける方法とアドバイスは簡単に得られるのです。
相談するときはどのようなことに気を付けたらいいですか?
具体的に悩みを説明できるように相談内容を整理しておくのが好ましいです。例として、現状、自分の目標、その目標のために行なっていること、そしてそれに対する悩み。これら4つの事柄は相談前に整理し、わかりやすく説明できるようにしておきましょう。そうすることによりカウンセラー側も具体的な対処方法を説明できます。逆に、相談内容があやふやな場合は曖昧な回答しかできないため、あまり参考にならないこともあります。

意外な相談の手段!「自己啓発」という手段

自信をつける方法で少し特殊な例として、自己啓発セミナーに参加するという手段もあります。自己啓発セミナーと聞いて、多くの人はネガティブなイメージを持つと思われます。たしかに、セミナーにはそういったものもありますが、セミナーの効果を見てみるとこれが意外と馬鹿にできません。これは同じ悩みを持つ人と出会いやすいので、上手く活用すれば手っ取り早く自信向上に繫がる可能性もあります。下記では自己啓発の方法やセミナーなどの情報が詳しく紹介されているので、参考にしてみてください。

悩み解決までの期間が短縮される

成功を積み重ねて自信をつけるには、相当長い時間がかかります。しかし、自己啓発により考え方を変えたり、いろんな人の話を聞いて学んだりと様々な体験をすることで、自身の向上に繫がることもあります。その結果、短期間で自信向上や憂鬱な気分の払拭が可能になります。

TOPボタン